『蜀』の国、成都での生活日記や四川省&成都情報をブログで発信します!

スポンサーサイト

--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告 |

杜甫草堂

2009/07/15(水)20:07
成都市内にある有名な観光地 『杜甫草堂』の紹介。

杜甫(とほ 712年-770年)は、中国盛唐の詩人。
杜甫は48歳から51歳まで約四年間を成都で暮らし、その間に240首余りの
詩を作り、過ごした。
その過ごした場所が、杜甫草堂である。

現在では、当時の草堂は残っていないが杜甫の過ごした場所として、
観光地になっている。


正直、杜甫のことはよく知らないです。
ただ有名な観光地なので、一回くらい行っとくか。というのと、
写真を撮りたいという理由だけで行ってきました。

入場料は60元(約830円)。

中はキレイな公園と言った感じ。
竹林があったり、池があったり。

では、杜甫草堂内の様子は写真で。


杜甫草堂1
↑ 入り口。




杜甫草堂2





杜甫草堂3
↑ 読書をしている老人など、まったりとした雰囲気がいい。





杜甫草堂4





杜甫草堂5
↑ 人工?の滝もあった。





杜甫草堂6





杜甫草堂7
↑ 竹林の中に赤いレンガの壁が映える。





杜甫草堂8





杜甫草堂9





杜甫草堂10





杜甫草堂11



雰囲気のある、落ち着いた場所だが入場料がなければと思う。
杜甫や歴史に興味ある人は行ってみてください。




ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  今日も読んだらクリックお願いします!!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ごーさんへ
毎度、コメントありがとうございます。
読書をしている老人は地元の人と
思います。
観光で来て、入場料払って読書って。。。
しませんよね??
2009/07/16(木) 09:01 | URL | 管理人 #-[ 編集]
入場料金60元は高いですね。
観光目的でしたら仕方がないと思いますが、
読書をしている老人は地元の人ではないのでしょうか?
時間がありゆっくりしたい時には良い所ですね。
2009/07/16(木) 01:14 | URL | ごーさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mizu78.blog65.fc2.com/tb.php/257-904b8973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 | FreeStyle+成都ライフTOPへ | 
© 2009 蜀 All Rights Reserved.
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

mizu

Author:mizu
2009年3月より四川省は成都市に住むことに!
これまで2006年3月から2009年3月までの3年間を上海で過ごしてきたが、一変、地方都市へ!四川省&成都情報をお届けします!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

置き手紙

おきてがみ

ポチッとしていただければ、後ほど伺います!

Blog Parts











税理士 大阪 神戸
税理士








edita.jp【エディタ】








現在の閲覧者数:




ブログランキング


  ブログランキング

   にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

  

  

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。