『蜀』の国、成都での生活日記や四川省&成都情報をブログで発信します!

スポンサーサイト

--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告 |

北京旅行8 鳥の巣

2009/08/30(日)20:23
北京旅行最終日は鳥の巣でサッカー観戦。

鳥の巣はご存知の通り2008年北京オリンピックのメインスタジアム。
正式名称は『北京国家体育場』

鳥の巣1

ここでイタリア・スーパーカップを観てきました。


イタリア・スーパーカップってのは毎年、シーズン開幕前に
前年のリーグ優勝チームとカップ戦の優勝チームが対戦する試合。

日本ではゼロックススーパーカップ。
前年リーグ戦優勝チームと天皇杯優勝チームが対戦。

イタリアのチームがなぜ中国で?っていうのはビジネスがらみの
アジアツアーですね。


いやー、初めて見たけど、さすがオリンピックスタジアム。

俺はいろいろなスタジアム巡りも趣味の一つだが、トラック付きの
スタジアムでは、やはり質の高いスタジアムと思う。



現地には早めに到着したので、周辺を散策。

鳥の巣2

聖火をモチーフにしたビル。






鳥の巣3

さらに別角度から鳥の巣。






鳥の巣4

北島康介が金メダルを取ったウォーターキューブ(中国語:水立方)こと
北京国家水泳センター。






鳥の巣5






鳥の巣6

オリンピックに関する建物が続々と。






そうそう、サッカー観に来たんだ。

今日の対戦カードはインテル vs ラツィオ

インテルはイブラヒモビッチがこの試合数日前にレアルに移籍。
ちくしょー、観たかった。。。

まぁいい、代わりにエトーが来ている。期待しよう。
また今期から加入のルシオなどいい選手が多いインテル。

ラツィオは数年前まではシニョーリとかミハイロビッチがいたけど、今は
それほどどんな選手がいるか知らない。


鳥の巣7






鳥の巣8

結構高かったが、鳥の巣でイタリア・スーパーカップ観戦なら
しょーがないか。






いよいよ中へ。

鳥の巣9






開門してから、すぐに中に入ったのでまだ人はほとんどいない。


このスタジアム。客席からピッチまでが近く感じる!!

鳥の巣10






鳥の巣11






鳥の巣12






さて、少しずつ暗くなり試合開始まで45分と言うところで選手がアップに登場。

鳥の巣13

小さくて、わかりづらいが真ん中にいるのがエトー。






鳥の巣14
試合開始前には、いつの間にか超満員になってた。






鳥の巣15
選手入場!!






鳥の巣16

キックオフ!!






ずっとインテルペースだったが、点が入らねーなぁ。

って思ってたらカウンターからラツィオが立て続けに2点奪取!!

これで攻めるしかなくなったインテル!ここから面白くなってきたけど
それでも決められないインテル。

エトーが1点を返すのが精一杯。

ラツィオが2-1で勝利!!

鳥の巣17






鳥の巣18






20時キックオフだったから試合終わった頃には22時過ぎてた。


会場の外に出ると、鳥の巣がキレイにライトアップされていた。

鳥の巣21






ウォーターキューブも!!

鳥の巣20






鳥の巣22



これにて1週間の北京旅行が終了しました。

今回は5つの世界遺産と北京の街を堪能することができました!!

さて、次はどこに行こうかな。

そうそう、次回は今回の旅行で食べた北京ダックをお送りします!!




ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  ウォーターキューブの写真、キレイに撮れた!!お気に入り!!!






スポンサーサイト

北京旅行7 南鑼鼓巷

2009/08/24(月)20:25
北京旅行 第7弾は『南鑼鼓巷』。

以前、北京に駐在していた会社の先輩であるkoizumiさんに
北京でオススメの場所ってありますか?という俺の質問に
返ってきた答えが『南鑼鼓巷』。

まぁ、俺がデジイチにハマってるの知ってて、被写体の
多い場所を教えてくれた。




南鑼鼓巷1

北京中心の北側にある。






タクシーで南鑼鼓巷って言えば、運ちゃんはすぐわかる。

南鑼鼓巷2

古き良き北京と言った感じ。






南鑼鼓巷3






南鑼鼓巷4






南鑼鼓巷5






南鑼鼓巷6
↑ 北京の至るところで見かけた飲むヨーグルト。

味はどうなんだろ?飲まなかった。。。






南鑼鼓巷7
観光地化してて、おみやげ屋も多かった。






南鑼鼓巷8
ぶらりと入ってみた雑貨屋さん。






南鑼鼓巷9

ここの残念なところは、普通だいたいこーゆートコって歩行者専用で車は
入れないのに、ここは車の通行あり。

ゆっくり写真撮りながら歩いてるのに後ろからクラクション連発されると
かなりムカツク!!






南鑼鼓巷10
一本路地裏に入るとまるで昭和のようなレトロな感じ。

俺は結構、こーゆー雰囲気好き。






南鑼鼓巷11


カメラ片手にブラブラするには最高!

オススメな観光スポット!南鑼鼓巷!!





次回はいよいよ北京旅行最終日!
今回のメイン、鳥の巣でイタリアスーパーカップ観戦!!!



ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  南鑼鼓巷、雰囲気だけでも伝わったかな。。。


北京旅行6 天壇公園

2009/08/23(日)17:24
北京旅行その6は『天壇公園』。

ここも世界遺産で正式名称は『北京の皇帝の廟壇』。

ここは、明清代の皇帝が天に対して祭祀を行った宗教的な場所(祭壇)である。





天壇公園2






天壇公園1

今回は南門から入りました。






入って最初にあるのが『圜丘壇』。

天壇公園3






天壇公園4

毎年冬至の日に皇帝が五穀豊穣を祈願した祭壇。






天壇公園5






次にあるのが『皇穹宇』。

天壇公園6






皇穹宇の周りを囲む『回音壁』。この土壁は音声伝導がすごく、壁の端で
小声で話すと、もう一方の端まで聞こえると言う。。。

天壇公園7






途中の土産物屋の前にいた宮廷衣装を着た店員のおっちゃん。

天壇公園8






そして、天壇メインの『祈念殿』。

天壇公園9






天壇公園10

釘を一本も使わずに28本の柱で支える構造建築。




天壇公園は広くないので、ゆっくり見ても1時間あれば十分かな。


次回は古き北京といった町並み。『南鑼鼓巷』をお送りします。




ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  読んだらクリックお願いします!!



北京旅行5 頤和園

2009/08/19(水)21:03
北京旅行、第5弾はこちらも世界遺産の『頤和園』。

北京市内から45分くらいかな。思ったより遠かった。

ここは現在大きな公園となっているが、
以前は西太后の離宮として使われていた。



東宮門(正門)から入った。

頤和園1






頤和園2





頤和園3







東宮門から左手のほうに進むと、十七孔橋がある。

頤和園6






頤和園7






十七孔橋を見たら、再度入り口の東宮門方面へ戻る。

頤和園4
昨日の北海公園でも蓮の花が満開だったが、ここ頤和園でも満開だった。






頤和園5






東宮門まで戻ってきたら、頤和園のメインである万寿山を目指す!!

頤和園8






頤和園10
長廊。長さ728mの屋根つき回廊。






さてさて、万寿山に登ろう。

頤和園11






山登りというよりは、完全に階段のぼり。これはこれでキツイ。

頤和園14






やっと一番上に到着~!この眺め、最高!!

頤和園12
目の前に広がるこの湖。人工湖なんです。すげぇー。





頂上にある仏香閣。中には千手観音が安置されている。

頤和園13
数えてみたら24手だったけどね。






万寿山から下りて、さらに頤和園の奥へ。

頤和園15
これも頤和園の有名な清晏舫。






さらに奥はきれいな公園のようになっています。

頤和園16


このあと、北宮門から出て頤和園観光終了。


次回は、同じ日に頤和園のあとに行った天壇公園をお送りします。




ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  今日もクリックお願いします!!


北京旅行その4は天安門~故宮博物院~景山公園~北海公園までと
かなりのボリュームです。

写真も25枚と今回の旅行で1番多くなると思います!


故宮博物院は世界遺産で、正式名称は『北京と瀋陽の明・清朝の皇宮群』。

故宮自体の建物は紫禁城(しきんじょう)と言い、明清朝の旧王宮である歴史的建造物。



まずは、故宮の入り口となるのは有名な天安門。

故宮1






そして、天安門広場。

故宮2
かなり広い。






俺が着いたときは、ちょうど10時。噴水ショーがやっていた。
10分くらいで終わったかな。1時間に1回くらいでやってるのかな?

故宮3






毛沢東の肖像画の下をくぐり中へ。
少し中までは無料で入れる。

故宮4
↑ 午門。これより中へは有料となる。入場料は60元(約850円)






入場券を買って、中に入るとまずは太和門。

故宮5






そして太和門をくぐると、紫禁城(故宮)の主殿である太和殿。

故宮6
この太和殿、テレビとかで見たことあるけど、実際に見るとすごい!
さすが主殿としか、言いようがない。






中は、かなり広い。ゆっくり建物見ながら、かなり歩いた。

故宮7






故宮8






故宮9






故宮10
壁がむちゃくちゃ高い。






中はかなり広いので、俺は入り口からひたすらまっすぐ進んで、出口の
神武門近くまで行って、そこから東側を見るルートを選択!

西側は見るトコ少ないってガイドブックにあったので省略。


故宮東側の奉先殿。ここは時計館(鐘表館)といいレトロな置時計が
多数展示されている。

こーゆーの結構好き!!

故宮11






故宮12






故宮13

この鐘表館へは別途入場料10元が必要。




その後、珍宝館へ。

ここは珍しい国宝が展示されている。
ここも入場料別途10元が必要。


まず入り口近くに九龍壁。その名の通り九匹の龍の彫刻。

故宮14






そして展示品の数々。

故宮15
館内はかなり暗かったが、さすが5D Mark II 。ISO感度を上げれば明るく撮れる!
これでISO感度 2500です。






故宮16






故宮17






これで故宮は終わりー。
いやー11時に入って14時過ぎまでいた。3時間も見て回った。満足!!

故宮18
北側の門、神武門。天安門が南側ね。



この神武門から1分。要は故宮のすぐ隣に景山公園がある。

故宮19






ここは高台になっていて、上に登ると故宮が一望できる!!

故宮20

この圧縮したサイズの写真では伝わらないが、この景色。
まさに圧巻。すごい!!

故宮に来たらセットでここも来なくちゃ損!!



この景山公園もいい雰囲気の公園でした。

故宮21




このあと、故宮から更に西へ10分くらい歩いた場所に北海公園がある。

故宮25

ここは世界遺産ではないんだけど、有名な観光地ということで足を運んでみた。





公園内の池には蓮の花が満開。キレイだった!

故宮22






故宮23
カメラ機種:Canon EOS 5D Mark II /撮影モード:プログラムAE /Tv(シャッター速度):1/200
Av(絞り数値):4.5 /露出補正:0 /ISO感度:100 /レンズ:EF70-200mm f/4L IS USM
焦点距離:200.0mm /ホワイトバランス:太陽光






最後に公園内で筆のようなスポンジで字を書くおっちゃんがいた。
マジでうまい!!

故宮24




さてさて、長編になってしまったが天安門~故宮博物院~景山公園~北海公園と
一日でかなり歩いた。

北海公園をあとにするとき、16時くらいだったが疲れたので早めにホテルの帰って
撮った写真をPCに移し、整理してました。


北京旅行その5は、世界遺産『頤和園』をお送りします!!





ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  故宮博物院、いやー見ごたえあった。



北京旅行3 明の十三陵

2009/08/17(月)20:13
北京旅行その3は『明の十三陵』

北京の郊外にあり、万里の長城(八達嶺)からも近いため
帰りに寄りました。

ここも世界遺産で正式名称は『明・清王朝の皇帝墓群』

中国各地(湖北省、河北省、北京、江蘇省、遼寧省)にある
明・清の陵墓をまとめて、1つの世界遺産として登録されています。

その中のひとつ、明の十三陵に行ってきました。
十三陵の中にも、いろいろな陵があり今回は『定陵』と言うところを見てきました。



2009_08_04_1021.jpg






明の十三陵1





2009_08_04_0986.jpg

皇帝の墓とはいえ遺跡等に興味のない俺は、世界遺産だから来たようなもの。
正直、歴史に興味のない人には見所は少ないかも。






2009_08_04_0990.jpg






2009_08_04_0992.jpg






ここ定陵の一番の見所であると言われている地下宮殿に行ってみる。

2009_08_04_0995.jpg





入り口から階段でかなり降りた。たぶん地下4~5階相当かな。

2009_08_04_0997.jpg

しかし、実際の中は復元された状態のものが並んでいて、『で?』と
言った感じだった。





2009_08_04_0999.jpg






2009_08_04_1001.jpg






2009_08_04_1004.jpg

中はこのような感じ。特に見るべきものはなかった。





外に出ると博物館が。

ここには出土品が展示されていた。

2009_08_04_1008.jpg






2009_08_04_1010.jpg






2009_08_04_1013.jpg






これで定陵は終わり。他の陵も同様と思って行かなかった。

さすがに万里の長城も行ってて、かなり疲れたのでこのままホテルに帰って
ゆっくりしました。


北京旅行4は『故宮博物館~北海公園』をお送りします!!




ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  読んだらクリックお願いします!!




成都のココイチ閉店!

2009/08/16(日)18:47
中国は四川省成都に1店舗だけあったカレーのココイチ(カレーハウスCoCo壱番屋 )。

成都市内にあるイトーヨーカ堂(双楠店)の1階にあったんだけどさ。

週末は必ず1回は行き、カレー食って食料等の買出しして帰るってのが
俺の楽しみだったのに。。。


先週の水曜(2009/8/12)にカレー食い行ったときには普通に営業してた。
なのに昨日行ったらココイチがなくなってた。。。

マジで自分の目を疑った。そして他の階に移動?とか思って1階から5階まで
必死で探した!

ない。どこにもないっす。。。orz

今までココイチのあった場所には、マックが『もうすぐOPEN!』ってなってて
改修工事が始まってた。

噂によると客が少なく、赤字が続き閉店に至ったらしい。
(そんな事なら言ってくれれば、俺毎日3食カレーでも問題ねーよ。いや、そりゃ無理か)


俺の唯一の楽しみが。。。

成都の日本料理ってうまいトコないからココイチの存在ってかなり重要だった。


あーあ、これで俺はもう成都では生きていけません。
無理っす。



俺のカレー曜日返せーーー!!


ココイチのある土地へ転勤願いを出そう。。。


せめて、吉野家が成都にあればなー。
やっぱ、上海と北京っていいよなー、何でもあってさ。




ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  これからは自分でカレー作るしかねーな。


北京旅行2日目は万里の長城(八達嶺)!

念願の万里の長城。

中国に来てから絶対にここは行かねば!!っていう俺リストがあって
その中のひとつがこの万里の長城(八達嶺)。

※ちなみに『中国にいるなら絶対にここは行かねば!!俺リスト』
万里の長城
九寨溝、黄龍
黄山
ポタラ宮

残すはポタラ宮のみ。今年の国慶節に行く予定。


さて、話を戻してと。

この日は朝から曇り。それとガスってるような霧のようなパッとしない天気。
それでも8時半にホテルを出発。車で1時間ちょいで到着。

万里の長城1
来たぜ、Great Wall !!




万里の長城2






入り口から向かって右が女坂、左が男坂。

万里の長城3
右の女坂。





万里の長城4
左の男坂。



一般的には女坂が人気。坂がなだらかだから。一方、男坂は上り坂が急なので
人が少ない。
上2枚の写真ではわかりづらいが、女坂は人ごみ。男坂はガラガラ。
ということで男坂方面に。


男坂を上っている途中に女坂を1枚。
万里の長城5





そして上っている男坂。人いないっしょ。
万里の長城6






男坂をひたすら進むが、やはり坂が急でキッツイ!

万里の長城7

男坂をズンズン進むが、いい風景が撮れなそうな感じ。
もしかして女坂のほうが景色いい?という思いに駆られる。

思い切って、途中まで来た男坂を戻り女坂を上り始める。
いや、この時すでに膝がガクガクしていたが、せっかくの万里の長城。
ここまで来たら行くしかない!!


やはり、人は多かったがいい絵が撮れるのは女坂かな。

万里の長城8





万里の長城9






万里の長城10






万里の長城12






万里の長城13







万里の長城11
帰りはさすがにロープウェイで下りました。



万里の長城の天気もガスってて、途中で晴れてきたが日の光が霧に反射して
遠くを撮影すると、どうしても眩しい感じになってしまう。露出補正を調整しても
PLフィルター使ってもダメだった。。。

まぁ、天気の問題なので仕方ない。
かなり疲れたが、その景色と心地よい疲労感が非常に良かった。


万里の長城に登るという目的達成でき、非常に満足でした。



明日は、この万里の長城の帰りに寄った『明の十三稜』(ここも世界遺産)を
お伝えします!!




ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  いやー、壮観でした!!


北京旅行1 王府井とCCTV

2009/08/14(金)20:20
8/3 朝、上海から北京へ移動。
昼には北京到着!


王府井とCCTV1




早速ホテルにチェックインして観光へ繰り出す。
すでに昼過ぎなので、手っ取り早く観光できるとこ。

ってことで王府井に行きました。
ここは上海でいう南京路。成都でいう春熙路。

上海の南京路と大差ないなー。なんて思いながらブラブラと。


王府井とCCTV2




王府井とCCTV3






わき道に、王府井小吃街を発見!!

ここ、面白かった。


王府井とCCTV4




雑貨みたいなのがたくさん並んでたり。。。

王府井とCCTV5






果物の水飴でコーティングしたものとか。。。

王府井とCCTV6





こっちも。。。

王府井とCCTV8





極めつけはコレ!

王府井とCCTV7

右から、サソリ、バッタ(大)、カブトムシの幼虫みたいなの、
最後にセミの幼虫みたいなの。

これは食えんだろ?っていうか食っちゃイカンだろー。





その後、地下鉄1号線で王府井から国貿へ。

駅を出ると目の前には、中国中央テレビ(CCTV)の新本社が!


王府井とCCTV9

この形、大丈夫なん?倒れない?





王府井とCCTV10

この角度から見るとロビンマスクの顔の形に見える。


そして、この隣にあるビル。。。
今年の旧正月に敷地内で花火を上げて、その火の粉が原因で
全焼したビル。

王府井とCCTV11



もう半年以上も経つけど、まだそのままなんだ。

この不祥事があってかは知らないが、未だに新本社は
使われていないようです。

北京初日は、こんな感じで。




次回は北京2日目【万里の長城(八達嶺)】をお伝えします!!




ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  サソリって。。。どんな味なんだろ。



上海旅行 周荘

2009/08/10(月)20:14
以前、上海と昆山に住んでいたにも関わらず、行ったことがなかった周荘(周庄)。
ここは『東洋のベネチア』とも呼ばれるほどの水郷。

けど、今は生活用水などで水はきれいじゃないんだけどね。

場所は上海から車で1時間ほど。

周荘にある約千軒建物のうち、6割以上は明、清の時代に立てられたものと言われており、
その古い町並みがいい感じなんです。

周荘は現在、世界遺産申請中!
けど、周荘付近の看板には世界遺産って書いてあった。ダメだろ!!

では、写真でどうぞ。
以下の写真は全部俺が撮ったものです。
間違っても、どこかのホームページなどから転用しているものじゃありません!!


周荘1





周荘3





周荘4





周荘5





周荘6





周荘7





周荘の中に全福寺がある。

周荘8





周荘9





周荘10





周荘11





周荘12

まったり散策するには、いいところです。





周荘13





周荘14





ところで。。。

元末明初の時代、ここには沈万三という大富豪が住んでいました。
彼の財産は国費と同じくらいだったとか。。。どんだけ金持ってたんだ?
交易で富を得たらしい。
その人の家なども見ることができ、また金の像もあった。

周荘15






彼の好物であった豚の腿肉を醤油で煮込んだ料理は、万三蹄と呼ばれ
周荘の名物になってます。
角煮のでかいバージョンだな。うまかったよ!!

周荘2



周荘、上海旅行に行った際には行ってみてください。
上海より中国っぽいところが多く、雰囲気を楽しめる場所です。






ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  今日もクリックおねがいしまーす!!



北京・上海旅行

2009/08/09(日)16:23
久々の更新です。

ちょっと早めの夏休みをもらったので、北京・上海へ旅行に行ってきました。
明日より、詳細の旅行記を随時更新します。


今回行った場所。

北京 万里の長城(八達嶺)、明の十三陵、故宮博物館(天安門)、南鑼鼓巷、
    北海公園、頤和園、天壇公園、鳥の巣(イタリアスーパーカップ観戦)

上海 周荘



以上を8泊9日で行ってきました。

今回は北京の世界遺産を回るのが目的。
天気にも恵まれ、いい旅行になりました。


では、明日以降随時更新していきますので、お楽しみに!!
現在、写真の整理中。今回の旅行で1000枚近く撮りました。




ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  応援クリックお願いします!!




 | FreeStyle+成都ライフTOPへ | 
© 2009 蜀 All Rights Reserved.
カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

mizu

Author:mizu
2009年3月より四川省は成都市に住むことに!
これまで2006年3月から2009年3月までの3年間を上海で過ごしてきたが、一変、地方都市へ!四川省&成都情報をお届けします!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

置き手紙

おきてがみ

ポチッとしていただければ、後ほど伺います!

Blog Parts











税理士 大阪 神戸
税理士








edita.jp【エディタ】








現在の閲覧者数:




ブログランキング


  ブログランキング

   にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

  

  

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。