『蜀』の国、成都での生活日記や四川省&成都情報をブログで発信します!

スポンサーサイト

--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告 |
前回、EF50mm F1.8II レンズ購入はお伝えしたが、
さっそく試し撮りしてきました!

いままで、他の人と比べてあのボケた感じが出ないなー。と
思っていて、たどり着いたのがこのレンズ。

やっと一眼レフらしい写真が撮れたような。。。
そして、写真の腕が上がったような錯覚にさせてくれるレンズ。


今回は成都市内の観光スポット『錦里』で試し撮りしてきました!!







では、試し撮りの成果を見てやってください!

EF50mm 試し撮り1





EF50mm 試し撮り2






EF50mm 試し撮り3






EF50mm 試し撮り4






EF50mm 試し撮り5






EF50mm 試し撮り6






EF50mm 試し撮り7






EF50mm 試し撮り8


どうです、このボケ味。
このレンズ、かなり使える!!もっと一眼レフにハマらせてくれる!!






EF50mm 試し撮り9

もちろんだが、ボケない写真も撮れる!






EF50mm 試し撮り10






EF50mm 試し撮り11






EF50mm 試し撮り12






EF50mm 試し撮り13
↑ キャンパスだけにピントを合わせ、それ以外はボカしてみた。お気に入り。






EF50mm 試し撮り14






EF50mm 試し撮り15






EF50mm 試し撮り16






EF50mm 試し撮り18






EF50mm 試し撮り19


いやー、このレンズ。買って満足っす!!
今後も多用することになりそう。

一眼レフ初心者は、まずこのレンズから!とすごく思った。
オススメです。





ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  まずまず良く撮れたと思いますが、いかがでしょう??




スポンサーサイト
もう止めないでください。
レンズ沼に片足どころか、自分からダイブ!
みなさん、こんばんは。mizuです。


いや、ずっと思ってることがあって。。。
デジイチ買ったものの、他のブログやホームぺージで
投稿されてる写真と、俺の写真ってなんか違うと。

何が違うかと言うと、ボケ味。
狙ったとこにピントを合わせ、それ以外の背景はボカす。

これがやりたくて。
でも、うまくできなくて。

それでいろいろ調べてたら、簡単にやるなら単焦点だ!
そしてオススメは『EF50mm F1.8II』ってのがあって、
さらにいろいろ調べてみた。

俺の5D Mark II はフルサイズなんで35mm換算不要。
ってことで単焦点レンズ買うにしろ、50mmか85mmかで悩んだ。

いや、悩んでるときが一番楽しい!

結局、標準中の標準である50mmに決定。

その中で。
ネット上でも評判の高かったEF50mm F1.8II に決定。


EF50mm F1.8II 1




買ってみて納得。
まず軽い!レンズの重さは130g。レンズ付けていないよう。



EF50mm F1.8II 2




そして値段。なんと630元(8,500円くらい)

安いから筐体などはプラスチックで心もとない部分もあるのは
仕方ない。

けど、撮ってみてビビッた。
試し撮りのUPは後日しますが、もっと早く購入すればよかった。

一眼レフこれから買う人に。
まずは本体はレンズキットで購入すべし。

まずまずの標準ズームレンズが付いてくるから。
そして、次にこのEF50mm F1.8II を買うべし!

このレンズは一眼レフにハマらせてくれるレンズ。

そして、このレンズを使い倒す頃にはもっと広角に撮りたいのか?(広角)
もっと被写体を近くで撮りたいのか?(マクロ)
もっと遠くのものを撮りたいのか?(望遠)
もっと室内でキレイに撮りたいのか?(F値の小さいレンズ)

など、今後何を撮りたいかを決めてからレンズを買うのもいいかと。

俺みたいに一気に揃えるのもいいけどね(笑)

なので、値段も安いので、とりあえず使ってみて!とオススメしたいレンズが
EF50mm F1.8II です。

次回は試し撮りの結果をUPします。






ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
次は何買おうっかなー。いや、もうやめとけ。




昨日は会議のため、上海へ出張でした。
会議して、遅くまで飲んで朝一で成都戻りです。。。

今日は中国、インド、日本の鹿児島などの一部で皆既日食。

なんか、皆既日食ツアーやら仕事休んで見に行くとか、
昨日からいろいろ聞いていました。

俺的には、なんで皆既日食ごときで、そこまで??
ってナメテました。


今日、上海発8:25のFM9541で成都に戻りました。

その機上の中で日食に遭遇!!


現地時間で9時半くらいに急に真っ暗に。
周りは雲が出ていたので、分厚い雲の下なのかなーなんて思ってた。

いやー、ビビった。

皆既日食って、あんなに暗くなるとは思わなかった。
まるで夜。遠くのほうは夕方みたい。

皆既日食1




皆既日食2


上空1万メートルで日食!

幻想的だったなー。




しかし、昔は皆既日食って不吉の前兆なんて言われてたが、
確かに昼間に突然暗くなったら、そう思うわ。







ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  ほとんどの場所は悪天候で見れなかったらしいね。次は500年後?



【夜景撮影】 安順廊橋

2009/07/19(日)17:34
成都市内にある橋なんですが、特に観光地というわけではありません。
現在は橋とはいえ、レストランになっており渡ることはできないようです。

成都は夜景を撮るような場所がない!
けど、ネットで調べたら安順廊橋のライトアップがキレイと言うことで、
せっかく買った三脚を背負って、夜景を撮ってきました。




安順廊橋2
Canon EOS 5D Mark II シャッター速度優先AE シャッター速度:1.3 絞り数値:F4.5
レンズ:EF24-105mm f/4L IS USM 焦点距離:55.0mm ISO感度:100






安順廊橋3
Canon EOS 5D Mark II シャッター速度優先AE シャッター速度:0.6 絞り数値:F4.0
レンズ:EF70-200mm f/4L IS USM 焦点距離:106.0mm ISO感度:100

↑ 今回はEF70-200mm f/4L IS の試し撮りも兼ねて。

EF70-200mm f/4L IS は噂通り非常に描写がキレイで満足できるレンズ!






安順廊橋4
Canon EOS 5D Mark II シャッター速度優先AE シャッター速度:1.6 絞り数値:F4.5
レンズ:EF70-200mm f/4L IS USM 焦点距離:200.0mm ISO感度:100

この画像だとわかりづらいが原寸の画像では橋内のレストラン室内まではっきりと
写っている。使えるわ、このレンズ。





安順廊橋1
Canon EOS 5D Mark II シャッター速度優先AE シャッター速度:0.5 絞り数値:F4.0
レンズ:EF24-105mm f/4L IS USM 焦点距離:24.0mm ISO感度:800






安順廊橋5
Canon EOS 5D Mark II シャッター速度優先AE シャッター速度:0.6 絞り数値:F4.5
レンズ:EF17-40mm f/4L USM 焦点距離:17.0mm ISO感度:800

↑最後は広角で遊んでみた。やはり広角だと奥行き感が出て、これはこれで面白い!



三脚買ってから気づいたけど、レンズに付いている手ぶれ補正機能が
かなり使えるため、よほどのことがない限り三脚は必要ない。

今回のような夜景では絶対に三脚必要だけど、それ以外は手持ちでいける。



それと今回、初撮りだったEF70-200mm f/4L IS USMレンズだが、
かなり使えそう!これからどんどん使おうー!!






ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
   今日もクリックお願いします!!



杜甫草堂

2009/07/15(水)20:07
成都市内にある有名な観光地 『杜甫草堂』の紹介。

杜甫(とほ 712年-770年)は、中国盛唐の詩人。
杜甫は48歳から51歳まで約四年間を成都で暮らし、その間に240首余りの
詩を作り、過ごした。
その過ごした場所が、杜甫草堂である。

現在では、当時の草堂は残っていないが杜甫の過ごした場所として、
観光地になっている。


正直、杜甫のことはよく知らないです。
ただ有名な観光地なので、一回くらい行っとくか。というのと、
写真を撮りたいという理由だけで行ってきました。

入場料は60元(約830円)。

中はキレイな公園と言った感じ。
竹林があったり、池があったり。

では、杜甫草堂内の様子は写真で。


杜甫草堂1
↑ 入り口。




杜甫草堂2





杜甫草堂3
↑ 読書をしている老人など、まったりとした雰囲気がいい。





杜甫草堂4





杜甫草堂5
↑ 人工?の滝もあった。





杜甫草堂6





杜甫草堂7
↑ 竹林の中に赤いレンガの壁が映える。





杜甫草堂8





杜甫草堂9





杜甫草堂10





杜甫草堂11



雰囲気のある、落ち着いた場所だが入場料がなければと思う。
杜甫や歴史に興味ある人は行ってみてください。




ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  今日も読んだらクリックお願いします!!



たまにはサッカーネタを。


中村俊輔がリーガエスパニョーラのエスパニョル入団会見が
行われた。

なんと背番号は7。



中村俊輔




なんか違和感あるけど、本人が選んだからいいか。

いままでリーガエスパニョーラに行った日本人は、
散々な結果に終わってるからなぁ。

鬼門だよ、鬼門。


城彰二    2000.1 -2000.7 (レアル・バリャドリード)
西澤明訓   2000.12-2001.6 (RCDエスパニョール)
大久保嘉人 2005.1 -2006.7 (RCDマジョルカ)


中村俊輔は個人的に好きだから、上の3人みたいには
なってほしくないなぁ。

開幕2戦目でレアルとあたるらしい。
見たいけど、中国では放送しないかな?

CCTV5に期待する。




ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  今年のリーガは面白そうだ!



以前から欲しい欲しいと思ってて、いつ買おうかなーと
思っていたEF 70-200 F4L IS USMレンズ。

これまで持っていたレンズは、
EF17-40mm F4L
EF24-105mm F4L IS
の2種類。

やっぱ、望遠は必要だよなー。。。ということで
買ってしまいました!

最近、カメラに掛ける金の感覚が。。。狂ってるよ、完全に。
ちなみに、このレンズ。 8,400元(1元:13.6円)で購入しました。





望遠レンズ3
↑ 初めての白レンズ♪





望遠レンズ1
↑ 5D Mark II につけるとさらに迫力!!




望遠レンズ2
↑ フード付けると、こりゃもう大砲だな。



どうせ買うならと思い、EF70-200mm F2.8L ISとどっちを買うか
悩んだが、まずは店に行って実物を見ようと。

それで実際に見て、即決だった。

EF70-200mm F2.8L IS 重すぎ!

ちなみに。。。
EF70-200mm F2.8L IS:1470g
EF70-200mm F4L IS:760g

重さは倍の違いがあるけど、値段も倍違います。

俺は実際に5D Mark IIを店に持っていってどっちも付けてみたが
EF70-200mm F2.8L ISを5Dに付けて持ち歩くのは無理。

旅行で歩きながら風景を撮るという俺のスタイルには合わない。
逆にEF70-200mm F4L ISの軽さにビックリ!!

望遠で、ここまで軽いのってすごい!と思い、店の中で何枚か
試し撮りしたけど、F2.8と値段と軽さ考えたら即決でEF70-200mm F4L ISに
決まり。

さて、週末に試し撮りした写真は、また次回に。


これで、欲しいと思っていたレンズはひと通り揃った。

望遠レンズ4
    



欲しいレンズも揃ったし、少し遠出の旅行に行きたいなー。

もう少し、仕事が落ち着いたら行こ♪




ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
↑ 今日も読んだらクリックお願いします!!




前にも『調子狂うよ、成都時間』でもお送りしたが、
ここ成都は上海から約1600km離れている。

上海-東京間とほぼ同じ距離。

それで日本と中国の時差は1時間。
上海-成都間が東京-上海と同じ距離なら成都と上海でも
1時間の時差があっていいわけ。

しかし、中国は北京時間のみ。


なので、成都。

日が一番長いとされるこの夏至の時期。
晴れた日は20時30分過ぎでも日が落ちない。
先日、晴れた日は20時50分日没でした。


晴れ日1





晴れ日2

写真は20時に撮ったもの。
ありえん。。。

成都に来て、辛いものと時間だけが慣れない。。。





ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  夜は20時には暗くなってほしい。。。



変な日本語 天台山編

2009/07/05(日)17:58
海外で日本語表記が間違ってることって良くあること。

上海や成都でも散々見かけてきた。
そして以前に成都パンダ研究繁殖基地での『変な日本語』
お届けしたばかりだが。。。

先週行った天台山でも見つけてしまった。

今回の間違え方は、惜しいと言うレベルではない。

どう間違ったらこうなる?ってレベル!





立ち入り禁止!と中国語で書かれている。

その日本語表記が。。。













『訪問者無し』

天台山 番外編




観光地で訪問者無しは寂しいわ!!!

直訳でも、こうはならんだろ?
どんな訳し方したん??


看板なんて、テキトーでいいよね!!
っていう中国の感覚。

結構、嫌いじゃない(笑)





ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  今日も読んだらクリックお願いします!!




 | FreeStyle+成都ライフTOPへ | 
© 2009 蜀 All Rights Reserved.
カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

mizu

Author:mizu
2009年3月より四川省は成都市に住むことに!
これまで2006年3月から2009年3月までの3年間を上海で過ごしてきたが、一変、地方都市へ!四川省&成都情報をお届けします!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

置き手紙

おきてがみ

ポチッとしていただければ、後ほど伺います!

Blog Parts











税理士 大阪 神戸
税理士








edita.jp【エディタ】








現在の閲覧者数:




ブログランキング


  ブログランキング

   にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

  

  

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。