『蜀』の国、成都での生活日記や四川省&成都情報をブログで発信します!

スポンサーサイト

--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告 |

社員旅行で【海螺溝】

2009/11/23(月)20:33
2009年11月21~22日に1泊2日で社員旅行に行ってきました。
このご時世に社員旅行のあるウチの会社、ビバ!!


今年の行き先は【海螺溝(海螺沟)】

ここは標高3000m以下の氷河瀑布で、世界で最も低いところにある
氷河としてその名を知られています。

また、氷河の上にある山は四川省最高峰のミニヤコンカ(貢嗄山)。
海抜7556m。(世界では36番目に高い山)

この海螺溝があるのは成都から380km。車で6時間。
甘孜蔵族自治州(カンゼ・チベット族自治州)にある。

甘孜蔵族自治州は日本でも有名な歌手、Alanの出身地でもある。


今回は、雪山が撮れるということで俺の愛機5D Mark II もしっかり
持って来ましたよ。

と、いうことでこの記事の写真も全部、俺が撮ったものです。



成都から甘孜蔵族自治州は途中の雅安市まで高速で行けるが、
その先は一般道(国道)しかない。


初日は朝7時に成都を出発。
だいたい、13時過ぎに海螺溝のふもとにある町、磨西鎮に到着。
とりあえずホテルにチェックイン。

海螺溝1







海螺溝2






海螺溝3


その後、昼メシ食ってたら14時半になってた。
さて、じゃあ海螺溝に行こうかとバス乗り場に行ったら15時が最終バスで
それは戻って来ず、海螺溝自然区域内のホテルに向かうものだと。


海螺溝4







海螺溝5
ここではチベット族が多く、チベット語表記も必ずある。





『明日の朝来い!』ってチケット売り場のおねぇーさんに言われ、
今日の海螺溝は断念。

近くに温泉プールがあるから、そこに行くことに。


海螺溝7


出るところからは78℃のお湯が出ているが、大きいプールなので
全体の温度は40℃ないくらいか。かなり気持ちいい温度。


海螺溝8
硫黄の匂いがすげぇした。本物の温泉だなと。

しかし、外は3℃。外に出られんよ。




この日はこの後、夕飯食って早めの就寝。
明日は7時起きだから。

19時にはホテルの部屋に着いたのだが、テレビ見る以外、やることない。
このままテレビ見ていたら、いつの間にか寝てた。たぶん21時には
寝てたね。おれは、じーさんか。。。


ってことで翌日朝6時には目が覚めてしまった。

しかし、もしかしてと思って窓開けたら。。。
星全開!!





海螺溝9



山際にオリオン座。最高!
早起きは三文の得だ!

そして8時発の海螺溝自然区域内のバスにて上を目指す。
ホテルのあたりは海抜1300mくらいだったが、3400mにある四号営地に
向かう。

三号営地(2940m)まではバスで行き、そこから四号営地までは
ロープウェイで行く。


三号営地に着くころには、周りは雪景色。

海螺溝10

天気もすごく良かった。

ガイドのおねーさんいわく、こんなにいい天気は1年に数十日しかない。
って言ってた。

確かに雲一つない晴天!!
日頃の行いだな。



海螺溝11
ちなみに、写真の空はいっさい加工しておりません!!PLフィルターも使ってない。
すごい青さ。




ここからロープウェイでさらに上へ。





そして、ロープウェイからのこの眺め。。。
言葉もない。

生まれて始めて氷河というものを見たよ。

海螺溝12
中央の真っ白い山がミニヤコンカ(貢嗄山)海抜7556m。







海螺溝13
天気が良いので、下の氷河に降りられることができた。






海螺溝16
これ岩のように見えるけど、万年氷。
テレビで見たことあるけど、これがクレバスってやつですね。






海螺溝17






海螺溝14






海螺溝15
俺作『雪見大福』。どう??






海螺溝17






海螺溝18
こんな景色、日本じゃ見れないなー。すごい。。。






この後、しっかり氷河を堪能し下に降りてきました。


海螺溝20

この風景。とても中国には見えない。スイスって言われても信じるよ。






午後は海螺溝に別れを告げ、帰路に。

海螺溝21
行きも帰りも通った『二郎山トンネル』
長さが4176mあり中国で最も長いトンネル。



これだけ天気が良く、氷河とミニヤコンカを堪能でき満足。

この条件で、撮った写真は200枚になった。
あとで帰ってきてから見たら、同じような風景を何枚も撮ってた。

いやー、けど撮っちゃうよ。あんな風景目の前にあったら。

来年もあるといいな、社員旅行。





ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  今度は夏に行ってみたいなー。





スポンサーサイト

北京旅行で北京ダック

2009/09/06(日)19:07
北京に行ったからには『北京ダック』は鉄板でしょ!!

と、いうことで早速初日の夜は北京ダックでした。


連れて行ってもらった店は北京ダックの老舗。

『北京大董烤鴨店』

俺も初めて行ったのだが、かなり有名な店みたいね。

北京ダック4


予約しなかったから6時前に到着したが30分待ちだと。。。
さすが有名店。


やはり店内は客でいっぱい。
北京ダックもうまそう!!

当然だが、値段は少し高め。

まぁ、北京にまで旅行に来てここでケチってもしょーがないしね。


さて、北京ダック!!こんな感じです。

北京ダック3






お好みの薬味と調味料で。

北京ダック2






北京ダック1


携帯のカメラで撮ったから、なんかうまそーに見えないなー。


でも、うまかったっす!!!

北京に行ったら、行ってみてください!


北京大董烤鴨店
北京市朝陽区団結湖北口3号楼
TEL:010-6582-2892




ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  今日もポチッとお願いします!!


北京旅行8 鳥の巣

2009/08/30(日)20:23
北京旅行最終日は鳥の巣でサッカー観戦。

鳥の巣はご存知の通り2008年北京オリンピックのメインスタジアム。
正式名称は『北京国家体育場』

鳥の巣1

ここでイタリア・スーパーカップを観てきました。


イタリア・スーパーカップってのは毎年、シーズン開幕前に
前年のリーグ優勝チームとカップ戦の優勝チームが対戦する試合。

日本ではゼロックススーパーカップ。
前年リーグ戦優勝チームと天皇杯優勝チームが対戦。

イタリアのチームがなぜ中国で?っていうのはビジネスがらみの
アジアツアーですね。


いやー、初めて見たけど、さすがオリンピックスタジアム。

俺はいろいろなスタジアム巡りも趣味の一つだが、トラック付きの
スタジアムでは、やはり質の高いスタジアムと思う。



現地には早めに到着したので、周辺を散策。

鳥の巣2

聖火をモチーフにしたビル。






鳥の巣3

さらに別角度から鳥の巣。






鳥の巣4

北島康介が金メダルを取ったウォーターキューブ(中国語:水立方)こと
北京国家水泳センター。






鳥の巣5






鳥の巣6

オリンピックに関する建物が続々と。






そうそう、サッカー観に来たんだ。

今日の対戦カードはインテル vs ラツィオ

インテルはイブラヒモビッチがこの試合数日前にレアルに移籍。
ちくしょー、観たかった。。。

まぁいい、代わりにエトーが来ている。期待しよう。
また今期から加入のルシオなどいい選手が多いインテル。

ラツィオは数年前まではシニョーリとかミハイロビッチがいたけど、今は
それほどどんな選手がいるか知らない。


鳥の巣7






鳥の巣8

結構高かったが、鳥の巣でイタリア・スーパーカップ観戦なら
しょーがないか。






いよいよ中へ。

鳥の巣9






開門してから、すぐに中に入ったのでまだ人はほとんどいない。


このスタジアム。客席からピッチまでが近く感じる!!

鳥の巣10






鳥の巣11






鳥の巣12






さて、少しずつ暗くなり試合開始まで45分と言うところで選手がアップに登場。

鳥の巣13

小さくて、わかりづらいが真ん中にいるのがエトー。






鳥の巣14
試合開始前には、いつの間にか超満員になってた。






鳥の巣15
選手入場!!






鳥の巣16

キックオフ!!






ずっとインテルペースだったが、点が入らねーなぁ。

って思ってたらカウンターからラツィオが立て続けに2点奪取!!

これで攻めるしかなくなったインテル!ここから面白くなってきたけど
それでも決められないインテル。

エトーが1点を返すのが精一杯。

ラツィオが2-1で勝利!!

鳥の巣17






鳥の巣18






20時キックオフだったから試合終わった頃には22時過ぎてた。


会場の外に出ると、鳥の巣がキレイにライトアップされていた。

鳥の巣21






ウォーターキューブも!!

鳥の巣20






鳥の巣22



これにて1週間の北京旅行が終了しました。

今回は5つの世界遺産と北京の街を堪能することができました!!

さて、次はどこに行こうかな。

そうそう、次回は今回の旅行で食べた北京ダックをお送りします!!




ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  ウォーターキューブの写真、キレイに撮れた!!お気に入り!!!






北京旅行7 南鑼鼓巷

2009/08/24(月)20:25
北京旅行 第7弾は『南鑼鼓巷』。

以前、北京に駐在していた会社の先輩であるkoizumiさんに
北京でオススメの場所ってありますか?という俺の質問に
返ってきた答えが『南鑼鼓巷』。

まぁ、俺がデジイチにハマってるの知ってて、被写体の
多い場所を教えてくれた。




南鑼鼓巷1

北京中心の北側にある。






タクシーで南鑼鼓巷って言えば、運ちゃんはすぐわかる。

南鑼鼓巷2

古き良き北京と言った感じ。






南鑼鼓巷3






南鑼鼓巷4






南鑼鼓巷5






南鑼鼓巷6
↑ 北京の至るところで見かけた飲むヨーグルト。

味はどうなんだろ?飲まなかった。。。






南鑼鼓巷7
観光地化してて、おみやげ屋も多かった。






南鑼鼓巷8
ぶらりと入ってみた雑貨屋さん。






南鑼鼓巷9

ここの残念なところは、普通だいたいこーゆートコって歩行者専用で車は
入れないのに、ここは車の通行あり。

ゆっくり写真撮りながら歩いてるのに後ろからクラクション連発されると
かなりムカツク!!






南鑼鼓巷10
一本路地裏に入るとまるで昭和のようなレトロな感じ。

俺は結構、こーゆー雰囲気好き。






南鑼鼓巷11


カメラ片手にブラブラするには最高!

オススメな観光スポット!南鑼鼓巷!!





次回はいよいよ北京旅行最終日!
今回のメイン、鳥の巣でイタリアスーパーカップ観戦!!!



ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  南鑼鼓巷、雰囲気だけでも伝わったかな。。。


北京旅行1 王府井とCCTV

2009/08/14(金)20:20
8/3 朝、上海から北京へ移動。
昼には北京到着!


王府井とCCTV1




早速ホテルにチェックインして観光へ繰り出す。
すでに昼過ぎなので、手っ取り早く観光できるとこ。

ってことで王府井に行きました。
ここは上海でいう南京路。成都でいう春熙路。

上海の南京路と大差ないなー。なんて思いながらブラブラと。


王府井とCCTV2




王府井とCCTV3






わき道に、王府井小吃街を発見!!

ここ、面白かった。


王府井とCCTV4




雑貨みたいなのがたくさん並んでたり。。。

王府井とCCTV5






果物の水飴でコーティングしたものとか。。。

王府井とCCTV6





こっちも。。。

王府井とCCTV8





極めつけはコレ!

王府井とCCTV7

右から、サソリ、バッタ(大)、カブトムシの幼虫みたいなの、
最後にセミの幼虫みたいなの。

これは食えんだろ?っていうか食っちゃイカンだろー。





その後、地下鉄1号線で王府井から国貿へ。

駅を出ると目の前には、中国中央テレビ(CCTV)の新本社が!


王府井とCCTV9

この形、大丈夫なん?倒れない?





王府井とCCTV10

この角度から見るとロビンマスクの顔の形に見える。


そして、この隣にあるビル。。。
今年の旧正月に敷地内で花火を上げて、その火の粉が原因で
全焼したビル。

王府井とCCTV11



もう半年以上も経つけど、まだそのままなんだ。

この不祥事があってかは知らないが、未だに新本社は
使われていないようです。

北京初日は、こんな感じで。




次回は北京2日目【万里の長城(八達嶺)】をお伝えします!!




ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ    
  サソリって。。。どんな味なんだろ。



 | FreeStyle+成都ライフTOPへ |  Next
© 2009 蜀 All Rights Reserved.
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

mizu

Author:mizu
2009年3月より四川省は成都市に住むことに!
これまで2006年3月から2009年3月までの3年間を上海で過ごしてきたが、一変、地方都市へ!四川省&成都情報をお届けします!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

置き手紙

おきてがみ

ポチッとしていただければ、後ほど伺います!

Blog Parts











税理士 大阪 神戸
税理士








edita.jp【エディタ】








現在の閲覧者数:




ブログランキング


  ブログランキング

   にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

  

  

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。